「堂本印象」の買取なら
古美術永澤にお任せください

堂本印象

骨董品買取 古美術永澤では、日本画家「堂本 印象」の作品を買取強化中です。
堂本 印象作品のご売却をお考えでしたら骨董・古美術専門の鑑定士が在籍する「古美術永澤」にご相談ください。

堂本 印象の代表的な作品
「調鞠図」「華厳」「木華開耶媛」「兎春野に遊ぶ」「メトロ」「交響」

作家情報

堂本 印象(どうもと いんしょう)

日本画家 帝室技芸員 文化勲章 文化功労者

生没: 1891年(明治24)- 1975年(昭和50)

堂本 印象(どうもと いんしょう、1891年12月25日 – 1975年9月5日)は京都市生れの日本画家。帝室技芸員。日本芸術院会員。本名:堂本三之助。21歳ごろから自ら、号「印象」を名乗る。日本画家の枠にとどまらず風景画、風俗画、宗教画など多様な技法を使い分け、晩年は抽象画へと表現の幅を広げた。

明治24年、京都御所近くの酒造業の家に生まれる。本名を三之助、9人兄弟の三男であった。父堂本伍兵衛は芸術家と親交があり、また自身も古美術や茶道に通じた人物であった。その影響からか、幼いころから絵を描くことが好きだったという。

京都市立美術工芸学校図案科を卒業。絵画専門学校への進学を目指すが、印象20歳の時に父が他界。
三越の図案部に就職し、反物の図案を考案・下絵を描く仕事に就く。やがて西陣織の龍村平藏工房に勤め、図案家として初代龍村平藏とともに多くの帯地を生み出した。

1918年、龍村の援助を受け、27才で日本画家になるため京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)に入学。
翌年、1919年(大正8年)には発足したばかりの第1回帝展に『深草』を出展。初入選を果たし、画家として華々しいデビューとなる。
帝展第3回展『調鞠図』で特選、第6回展では『華厳』が帝国美術院賞を受賞し、日本画家としての地位を確立する。
1924年、京都市立絵画専門学校研究科を修了すると、33才で第5回帝展審査員をつとめ、若いころから優れた才能を認められた画家であった。

仏教をテーマとした大作『維摩』(1923)や大徳寺龍翔寺の襖絵など話題作を次々と発表し、画壇に確固たる地位を築く。
戦後、抽象表現や障壁画の世界にも活躍の場を広げ、『生活』や1958年に智積院宸殿の『婦女喫茶』を発表。1951年、日本の画家として戦後はじめて渡欧し国際展覧会に作品を出展するなど国際的にも活躍する。

1966年(昭和41年)に開館した堂本印象美術館は、印象自身によって設立された。外装から内装まで全てが印象のデザインによる。建設にあたって制作された壁面装飾や館内装飾部分をデザインした多くのスケッチからは、自身の美術館創造への意欲が読み取れる。

1973年(昭和48年)には、ローマ法王パウロ6世の委嘱により、《母と子》を制作。翌49年に、バチカン近代美術館に納め、聖大十字シルベストロ大騎士勲章を受けた。

1975(昭和50)年 第32回東丘社展に《善導大師》を出品、これが絶筆となる。
心不全のため83歳で逝去。松寿院願誉妙誓印象大居士をおくられ、下京区宝性山妙厳院(浄土宗知恩院派)に眠る。

堂本 印象 略歴

1891京都府に生まれる
1910京都市立美術工芸学校図案科卒業
1918京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)に入学
1919第1回帝展に『深草』が初入選する
1924京都市立絵画専門学校研究科を修了
第5回帝展審査員をつとめる
1925第6回帝展で『華厳』が帝国美術院賞を受賞
1951渡欧。フランス、スペイン、イタリア、西ドイツ、スイスに滞在
1961文化勲章、文化功労章を受賞
196610月、堂本美術館が開館
1973ローマ法王パウロ6世より《母と子》を制作。聖大十字シルベストロ大騎士勲章を受ける
1975歿。享年84歳
1992社団法人堂本美術館より京都府に寄付された堂本印象美術館が、京都府立堂本印象美術館として開館

堂本 印象作品 参考買取相場

「堂本 印象」の買取参考価格です。
買取相場の参考にご覧下さい。

お売りいただけるアイテムがございましたら、お気軽にご連絡ください。

掛軸専門ならではの
目利き・鑑定で選ばれています

他社で思った買取金額にならなかった方、迷わずご相談下さい!

たくさんの掛け軸を取り扱ってきた弊社だからこそ、
様々な掛け軸の目利きができてギリギリの高い値段がつけられます。

骨董品の年間買取点数10万点、高額掛軸・名品多数買取、作家不明品や中国作家ものも高価買取

ご相談・査定は無料です。
お気軽にご相談ください!!

堂本 印象作品 買取実績

全国のお客様より買い取らせていただいた
「堂本 印象」作品をご紹介致します。

買取実績一覧を見る

買取のご相談出張査定無料
お気軽にお問合せ下さい。

掛軸を専門に扱う弊社だからこそ、
様々な掛け軸の目利きが可能です。
掛け軸を高く売るなら「古美術永澤」へ

フリーダイヤル 0120-08-5108 受付時間 8時30分~17時30分(月~土、祝日も営業)

  • 無料LINE査定、画像を送って待つだけ
  • メールでのご相談、メールでのお問合せ・ご依頼

買取強化中の掛け軸

掛軸専門ならではの目利き
幅広いジャンルの掛け軸を買い取ります。

掛軸の買取品目を見る

こんな掛け軸もご相談下さい! 作家不明や中国作家も得意としております

  • 昔からあった掛け軸で、落款があるが作家はわからない
  • ずっと仕舞ったままだったので、破損しそうで開いてみるのが怖い
  • 祖父が高価な掛け軸だと言っていたが、本当に価値があるのか知りたい
  • 古くてシワも変色もある掛け軸が数本あるが、売れるものなのかわからない
  • 表装していない「まくり」の状態の作品がたくさんある
  • 箱が開けられない掛け軸がある
  • 近所の店に見せたが買い取れないと言われた
  • 数があるが、どれも箱と中身の掛け軸が合っていない気がする

掛軸買取で永澤が
選ばれる理由

古美術永澤は古美術買取25年
年間買取50万点の骨董美術商です。

高額掛軸の扱い数が違う

高額名品と呼べる本物の掛け軸の取扱い数が違います。
由来のある掛け軸は、美術商である「永澤」にお売りください。

目利きに絶対の自信

創業当時から専門で買取りしてきたからこそ、掛軸の目利きには絶対の自信があります。
他の骨董買取業者で値段が付かなかった掛け軸もお気軽にお見せ下さい。

代表がコレクター

代表は古美術商であると同時にコレクターです。
だから収集された方のお品への思い・手放す際のお気持ちがわかります。掛け軸の価値を十分にご説明して納得いただける買取を行います。

永澤が選ばれる理由

掛け軸 買取の流れ

出張・持込み鑑定会・宅配
選べる3つの買取方法

  • 出張買取
  • 持込鑑定会
  • 宅配買取

日本全国出張致します

  1. 1、お問合せ・お申込み

    お問合せ・お申込み

    お電話メール、またはLINEでお申込み下さい。ご都合にあわせた訪問日時を決定します。

  2. 2、ご訪問・査定

    ご訪問・査定

    お約束の日時に目利きがご訪問。お客様の目の前で拝見・査定させていただきます。

  3. 3、成約・お支払い

    成約・お支払い

    査定金額にご納得いただけた場合、その場で現金にて買取いたします。

出張買取の流れを見る

弊社代表がお品物を拝見して査定致します

  1. 1、お申込み

    お申込み

    鑑定会は月2回、土曜日に開催しています。お電話、又はご予約フォームでお申込み下さい。

  2. 2、ご予約完了

    ご予約完了

    ご売却をお考えのお品やご相談内容を、わかる範囲でお教えください。

  3. 3、査定・お買取り

    査定・お買取り

    弊社代表が拝見します。査定にご納得頂けましたら、現金でお買取りいたします。

持込鑑定会の流れを見る

着払いで品物を送るだけ自宅にいながら買取

  1. 1、お申込み

    お申込み

    お電話メールでお申込み下さい。オペレーターに掛軸の由来や数量などお教え下さい。

  2. 2、お品物の発送

    お品物の発送

    お品物をしっかり梱包してください。ワレモノ扱い・送料着払いにてお送りください。

  3. 3、査定・お振込み

    査定・お振込み

    現物を拝見し、査定金額をお伝えします。成約後、約3営業日以内にご指定の口座に振込みいたします。

宅配買取の流れを見る

買取のご相談
出張査定無料
お気軽にお問合せ下さい。

掛軸を専門に扱う弊社だからこそ、
様々な掛け軸の目利きが可能です。
掛け軸を高く売るなら「古美術永澤」へ

フリーダイヤル 0120-08-5108 受付時間 8時30分~17時30分(月~土、祝日も営業)

  • 無料LINE査定、画像を送って待つだけ
  • メールでのご相談、メールでのお問合せ・ご依頼