「下村観山」の買取なら
古美術永澤にお任せください

下村 観山

骨董品買取 古美術永澤では、日本画家「下村 観山」の作品を買取強化中です。
下村 観山作品のご売却をお考えでしたら骨董・古美術専門の鑑定士が在籍する「古美術永澤」にご相談ください。

下村 観山の代表的な作品
「弱法師」「木の間の秋」「白狐」「大原御幸」「春雨」「闍維」

作家情報

下村 観山(しもむら かんざん)

日本画家 帝室技芸員

生没: 1873年(明治6)~1930年(昭和5)

下村 観山(しもむら かんざん 1873年(明治6年)4月10日 – 1930年(昭和5年)5月10日)は、近代日本の日本画家。明治の欧化主義の中で横山大観らと新日本画を創造した。代表作には『弱法師』『小倉山』などがあり、その筆技は近代日本画家の中でも屈指と言われる。古典的日本画のような奥ゆかしさと、琳派を思わせる装飾性を兼ね備え、日本画の躍進におおきく貢献した。号に北心斎東秀、観山がある。

下村観山は1873年(明治6年)和歌山県にて代々紀州藩に仕える能楽師の3男として生まれる。本名を晴三郎。8歳の時に一家で東京へ移住。父は篆刻や輸出彫刻を営み、二人の兄は彫刻家となった。観山は祖父の友人である藤島常興に絵を学ぶ。常興は狩野晴皐の門下であり、晴皐の子・狩野芳崖に観山を委ねた。芳崖はその才能を認め号「北心斎東秀」を与え、観山13歳頃には橋本雅邦を紹介し師事させる。この年にフェノロサが主催する「鑑画会」に作品を出品すると、早くもその才能が話題となった。

1889年(明治22年)東京美術学校(現・東京藝術大学)が開校すると第一期生として入学。大観らとともに岡倉天心の薫陶を受け、その画才を磨く。既に狩野派の筆を学んでいた観山は、さらに大和絵の研究に励み独自の画風を作り出していく。「観山」の号はこの頃から使い始めたと言われている。明治27年卒業すると助教授に抜擢された。

明治31年、美校騒動で校長を辞した岡倉天心に殉じて美校を去る。日本美術院設立に参加し、古典的な技法と、『春日野』のような「朦朧体」などの新進的な技法による研究を同時にすすめ、新しい日本画にむけて着実に研究を重ねていく。

明治34年東京美術学校に教授として就任。文部省の留学生として渡英し西洋画を研究する。欧州を巡り、大英博物館やウフィーツィ美術館ではラファエロの『椅子の聖母』を水彩によって模写した。
日本美術院の活動は停滞し、帰国後は天心の別荘があった茨城県の五浦へ移転。大観らとともに一家をともなって移住した。

明治40年第1回文展では審査員として出品した《木の間の秋》は近代による琳派の新しい表現として高い評価を得た。
明治41年第1回国画玉成会に《大原御幸》を、翌年の研究会展に《小倉山》を出品し、古典研究の成果を発揮する。

1913年(大正2年)天心を通じて知遇を得た実業家・原三溪の招きを受け、三溪園近くの横浜本牧の和田山に居を構え、家族とともに移住。三溪は画風・人柄ともに観山を気に入り、二人の交流は観山が亡くなるまで続いた。

この年、ボストン美術館の収集活動を託されていた天心が、療養中の赤倉の山荘で逝去。天心の臨終に際し、観山と大観は日本美術院の再興を決意。観山は文展審査員を辞する。

翌1914年、天心の一周忌を期して開院式が行われ、第1回再興院展が開催される。
第1回展に《白狐》、第2回展《弱法師(よろぼし)》、第3回展《春雨》と次々と大作を発表。茫漠とした空間を特徴とする高い精神性に満ちた画面を構成し、自己の芸術の頂点を極めた。

1920年、明治神宮神宮鎮座時に本殿内陣に収められた六曲屏風「桜・桐・菊・蜜柑図」。奉納後100年間非公開とされ、2020年その役目を終えて公開に至る。

下村 観山 略歴

1873和歌山県に生まれる
1881一家で東京へ移住
1903イギリスに派遣
1913岡倉天心が死去
1914日本美術院を再興する
1915第2回再興院展に屏風『弱法師』を出品(重要文化財)
1917室技芸員となる
193058歳で逝去

下村 観山作品 参考買取相場

「下村 観山」の買取参考価格です。
買取相場の参考にご覧下さい。

お売りいただけるアイテムがございましたら、お気軽にご連絡ください。

掛軸専門ならではの
目利き・鑑定で選ばれています

他社で思った買取金額にならなかった方、迷わずご相談下さい!

たくさんの掛け軸を取り扱ってきた弊社だからこそ、
様々な掛け軸の目利きができてギリギリの高い値段がつけられます。

骨董品の年間買取点数10万点、高額掛軸・名品多数買取、作家不明品や中国作家ものも高価買取

ご相談・査定は無料です。
お気軽にご相談ください!!

下村 観山作品 買取実績

全国のお客様より買い取らせていただいた
「下村 観山」作品をご紹介致します。

買取実績一覧を見る

買取のご相談出張査定無料
お気軽にお問合せ下さい。

掛軸を専門に扱う弊社だからこそ、
様々な掛け軸の目利きが可能です。
掛け軸を高く売るなら「古美術永澤」へ

フリーダイヤル 0120-08-5108 受付時間 8時30分~17時30分(月~土、祝日も営業)

  • 無料LINE査定、画像を送って待つだけ
  • メールでのご相談、メールでのお問合せ・ご依頼

買取強化中の掛け軸

掛軸専門ならではの目利き
幅広いジャンルの掛け軸を買い取ります。

掛軸の買取品目を見る

こんな掛け軸もご相談下さい! 作家不明や中国作家も得意としております

  • 昔からあった掛け軸で、落款があるが作家はわからない
  • ずっと仕舞ったままだったので、破損しそうで開いてみるのが怖い
  • 祖父が高価な掛け軸だと言っていたが、本当に価値があるのか知りたい
  • 古くてシワも変色もある掛け軸が数本あるが、売れるものなのかわからない
  • 表装していない「まくり」の状態の作品がたくさんある
  • 箱が開けられない掛け軸がある
  • 近所の店に見せたが買い取れないと言われた
  • 数があるが、どれも箱と中身の掛け軸が合っていない気がする

掛軸買取で永澤が
選ばれる理由

古美術永澤は古美術買取25年
年間買取50万点の骨董美術商です。

高額掛軸の扱い数が違う

高額名品と呼べる本物の掛け軸の取扱い数が違います。
由来のある掛け軸は、美術商である「永澤」にお売りください。

目利きに絶対の自信

創業当時から専門で買取りしてきたからこそ、掛軸の目利きには絶対の自信があります。
他の骨董買取業者で値段が付かなかった掛け軸もお気軽にお見せ下さい。

代表がコレクター

代表は古美術商であると同時にコレクターです。
だから収集された方のお品への思い・手放す際のお気持ちがわかります。掛け軸の価値を十分にご説明して納得いただける買取を行います。

永澤が選ばれる理由

掛け軸 買取の流れ

出張・持込み鑑定会・宅配
選べる3つの買取方法

  • 出張買取
  • 持込鑑定会
  • 宅配買取

日本全国出張致します

  1. 1、お問合せ・お申込み

    お問合せ・お申込み

    お電話メール、またはLINEでお申込み下さい。ご都合にあわせた訪問日時を決定します。

  2. 2、ご訪問・査定

    ご訪問・査定

    お約束の日時に目利きがご訪問。お客様の目の前で拝見・査定させていただきます。

  3. 3、成約・お支払い

    成約・お支払い

    査定金額にご納得いただけた場合、その場で現金にて買取いたします。

出張買取の流れを見る

弊社代表がお品物を拝見して査定致します

  1. 1、お申込み

    お申込み

    鑑定会は月2回、土曜日に開催しています。お電話、又はご予約フォームでお申込み下さい。

  2. 2、ご予約完了

    ご予約完了

    ご売却をお考えのお品やご相談内容を、わかる範囲でお教えください。

  3. 3、査定・お買取り

    査定・お買取り

    弊社代表が拝見します。査定にご納得頂けましたら、現金でお買取りいたします。

持込鑑定会の流れを見る

着払いで品物を送るだけ自宅にいながら買取

  1. 1、お申込み

    お申込み

    お電話メールでお申込み下さい。オペレーターに掛軸の由来や数量などお教え下さい。

  2. 2、お品物の発送

    お品物の発送

    お品物をしっかり梱包してください。ワレモノ扱い・送料着払いにてお送りください。

  3. 3、査定・お振込み

    査定・お振込み

    現物を拝見し、査定金額をお伝えします。成約後、約3営業日以内にご指定の口座に振込みいたします。

宅配買取の流れを見る

買取のご相談
出張査定無料
お気軽にお問合せ下さい。

掛軸を専門に扱う弊社だからこそ、
様々な掛け軸の目利きが可能です。
掛け軸を高く売るなら「古美術永澤」へ

フリーダイヤル 0120-08-5108 受付時間 8時30分~17時30分(月~土、祝日も営業)

  • 無料LINE査定、画像を送って待つだけ
  • メールでのご相談、メールでのお問合せ・ご依頼