「前田青邨」の買取なら
古美術永澤にお任せください

前田青邨

骨董品買取 古美術永澤では、日本画家「前田 青邨」の作品を買取強化中です。
前田 青邨作品のご売却をお考えでしたら骨董・古美術専門の鑑定士が在籍する「古美術永澤」にご相談ください。

前田 青邨の代表的な作品
「竹取物語絵巻」「御輿振」「維盛最後の巻」「羅馬使節」「洞窟の頼朝」「唐獅子」「観画」「阿修羅」「出を待つ」「浴女群像」「お水取」「白頭」「石棺」「赤い壁天壇(中国三部作)」「山霊感応」「蓮台寺の松蔭」「異装行列の信長」「腑分」「知盛幻生」「土牛君の像」「天正貴婦人像(細川ガラシア夫人像)」

作家情報

前田 青邨(まえだ せいそん)

日本画家 帝室技芸員 文化勲章 文化功労者

生没: 1885年(明治18年)~1977年(昭和52年)

前田 青邨(まえだ せいそん、1885年1月27日 – 1977年10月27日)は、岐阜県中津川市に生まれる。
明治大正昭和と活躍した日本画家であり、香淳皇后の絵の指導役もつとめる。日本画における新古典主義を確立し、小林古径・安田靫彦と並び「院展三羽烏」と呼ばれ院展を代表する画家として長く貢献した。大和絵の伝統を学び、歴史画や肖像画、花鳥画などをよくした。特に歴史画における表現は定評が高く、代表作「洞窟の頼朝」は重要文化財に指定されている。若手画家の育成にも励み、平山郁夫や守屋多々志らがいる。

1885年(明治18年)、岐阜県恵那郡中津川村で、乾物屋を営む父常吉、母たかの次男として生まれる。本名を廉造。小学校のころから画才を発揮し、早々に画家を志す。

1898年(明治31年)、14歳で上京し京華中学校に入学するが、病のため帰郷。3年後に再び上京すると、尾崎紅葉のすすめを得て梶田半古の門をたたく。当時塾頭に小林古径がいたのは宿縁といえるだろう。入塾後、古画の習得や有職故実についての研究に勤しみ、1902年には半古から雅号「青邨」を受ける。

翌年には国学院大学の聴講生となり、古典や歴史の知識を蓄積してく。早くから画才が認められた青邨だが、1907年第1回文展での落選は大きな衝撃であった。後にも先にも落選はこの1回のみである。

1907年(明治40年)、大和絵系日本画家の研究団体の「紅児会」に入る。紅児会では今村紫紅、速水御舟、小林古径、安田靫彦ら、当時の新鋭画家たちがしのぎを削るなかで、多くの刺激をうけることとなった。翌年国画玉成会第1回展では、『囚はれたる重衡』が入賞。その後、紅児会は解散し、再興日本美術院へと参加。同人に推挙される。

1915年(大正4年)、今村紫紅のすすめで朝鮮旅行を慣行。翌年には中国をおとずれ、1922年には事業家・望月軍四郎の援助を受け、小林古径と共に日本美術院留学生として渡欧する。写生に基づく風景画が増えたのはこの時期の特徴ともいえる。またイタリアのアッシジでみたジョットの壁画、中世ルネサンスに感銘を受けた青邨は、日本画家として大きな転機を迎える。

1930年(昭和5年)前年の院展に出品した「洞窟の頼朝」が第1回朝日文化賞受賞。ローマ日本美術展に出品。のち2012年に重要文化財に指定される本作は、敗走する頼朝軍を画題とした作だが、画面には全く悲観的な心情はない。明朗な線、よどみない色彩は明るく、人物は覚悟をもって生気に充ちている。画面の構成、精密な描写、色彩の巧妙さは見事であるとともに、画面から一貫して感じる前向きな姿勢は青邨独特の世界観といえる。一時は洋画への転向も考えた青邨が、自己表現へ邁進することを決めた一作である。

晩年は東京芸大名誉教授に就任し、後進の育成にも力をいれる。平山郁夫との出会いは青邨66歳のころ。卒業制作中の平山と出会い、以降他界するまで師弟関係であった。また、法隆寺金堂壁画再現事業など文化財事業にも携わり、安田靫彦と共に総監修に就任。その遺伝子は、事業に参加した平山郁夫に確実に引き継がれている。

前田 青邨 略歴

1885岐阜県恵那郡中津川村(現・中津川市)生まれ
1902半古から「青邨」の雅号を貰う
1907紅児会に参加
1911下村観山の媒酌で、荻江節の家元初代荻江露章の妹すゑ(荻江露友)と結婚
1914再興日本美術院の同人となる
1922小林古径と共に日本美術院留学生として約1年間渡欧
1923大英博物館にて中国・東晋の名画「女史箴図巻」を模写して帰国
1930「洞窟の頼朝」で第1回朝日文化賞受賞
1935帝国美術院会員となる。御即位記念献上画「唐獅子」を制作
1951東京芸術大学日本画科主任教授に就任。翌年より平山郁夫が青邨の助手となり、爾来指導を受けることとなる 
1967法隆寺金堂壁画再現事業総監修に安田靫彦と共に就任
1977逝去(92歳没)贈従三位

前田 青邨作品 参考買取相場

「前田 青邨」の買取参考価格です。
買取相場の参考にご覧下さい。

お売りいただけるアイテムがございましたら、お気軽にご連絡ください。

掛軸専門ならではの
目利き・鑑定で選ばれています

他社で思った買取金額にならなかった方、迷わずご相談下さい!

たくさんの掛け軸を取り扱ってきた弊社だからこそ、
様々な掛け軸の目利きができてギリギリの高い値段がつけられます。

骨董品の年間買取点数10万点、高額掛軸・名品多数買取、作家不明品や中国作家ものも高価買取

ご相談・査定は無料です。
お気軽にご相談ください!!

前田 青邨作品 買取実績

全国のお客様より買い取らせていただいた
「前田 青邨」作品をご紹介致します。

買取実績一覧を見る

買取のご相談出張査定無料
お気軽にお問合せ下さい。

掛軸を専門に扱う弊社だからこそ、
様々な掛け軸の目利きが可能です。
掛け軸を高く売るなら「古美術永澤」へ

フリーダイヤル 0120-08-5108 受付時間 8時30分~17時30分(月~土、祝日も営業)

  • 無料LINE査定、画像を送って待つだけ
  • メールでのご相談、メールでのお問合せ・ご依頼

買取強化中の掛け軸

掛軸専門ならではの目利き
幅広いジャンルの掛け軸を買い取ります。

掛軸の買取品目を見る

こんな掛け軸もご相談下さい! 作家不明や中国作家も得意としております

  • 昔からあった掛け軸で、落款があるが作家はわからない
  • ずっと仕舞ったままだったので、破損しそうで開いてみるのが怖い
  • 祖父が高価な掛け軸だと言っていたが、本当に価値があるのか知りたい
  • 古くてシワも変色もある掛け軸が数本あるが、売れるものなのかわからない
  • 表装していない「まくり」の状態の作品がたくさんある
  • 箱が開けられない掛け軸がある
  • 近所の店に見せたが買い取れないと言われた
  • 数があるが、どれも箱と中身の掛け軸が合っていない気がする

掛軸買取で永澤が
選ばれる理由

古美術永澤は古美術買取25年
年間買取50万点の骨董美術商です。

高額掛軸の扱い数が違う

高額名品と呼べる本物の掛け軸の取扱い数が違います。
由来のある掛け軸は、美術商である「永澤」にお売りください。

目利きに絶対の自信

創業当時から専門で買取りしてきたからこそ、掛軸の目利きには絶対の自信があります。
他の骨董買取業者で値段が付かなかった掛け軸もお気軽にお見せ下さい。

代表がコレクター

代表は古美術商であると同時にコレクターです。
だから収集された方のお品への思い・手放す際のお気持ちがわかります。掛け軸の価値を十分にご説明して納得いただける買取を行います。

永澤が選ばれる理由

掛け軸 買取の流れ

出張・持込み鑑定会・宅配
選べる3つの買取方法

  • 出張買取
  • 持込鑑定会
  • 宅配買取

日本全国出張致します

  1. 1、お問合せ・お申込み

    お問合せ・お申込み

    お電話メール、またはLINEでお申込み下さい。ご都合にあわせた訪問日時を決定します。

  2. 2、ご訪問・査定

    ご訪問・査定

    お約束の日時に目利きがご訪問。お客様の目の前で拝見・査定させていただきます。

  3. 3、成約・お支払い

    成約・お支払い

    査定金額にご納得いただけた場合、その場で現金にて買取いたします。

出張買取の流れを見る

弊社代表がお品物を拝見して査定致します

  1. 1、お申込み

    お申込み

    鑑定会は月2回、土曜日に開催しています。お電話、又はご予約フォームでお申込み下さい。

  2. 2、ご予約完了

    ご予約完了

    ご売却をお考えのお品やご相談内容を、わかる範囲でお教えください。

  3. 3、査定・お買取り

    査定・お買取り

    弊社代表が拝見します。査定にご納得頂けましたら、現金でお買取りいたします。

持込鑑定会の流れを見る

着払いで品物を送るだけ自宅にいながら買取

  1. 1、お申込み

    お申込み

    お電話メールでお申込み下さい。オペレーターに掛軸の由来や数量などお教え下さい。

  2. 2、お品物の発送

    お品物の発送

    お品物をしっかり梱包してください。ワレモノ扱い・送料着払いにてお送りください。

  3. 3、査定・お振込み

    査定・お振込み

    現物を拝見し、査定金額をお伝えします。成約後、約3営業日以内にご指定の口座に振込みいたします。

宅配買取の流れを見る

買取のご相談
出張査定無料
お気軽にお問合せ下さい。

掛軸を専門に扱う弊社だからこそ、
様々な掛け軸の目利きが可能です。
掛け軸を高く売るなら「古美術永澤」へ

フリーダイヤル 0120-08-5108 受付時間 8時30分~17時30分(月~土、祝日も営業)

  • 無料LINE査定、画像を送って待つだけ
  • メールでのご相談、メールでのお問合せ・ご依頼