伊藤 若冲

伊藤若冲

伊藤 若冲(いとう じゃくちゅう)は、江戸時代・中後期の画家。名は汝鈞(じょきん)、字は景和。初めは春教と号したという説もある。号に斗米庵、米斗翁、心遠館、錦街居士がある。初め狩野派を学び、宋・元・明画や光琳派を研究する …

河鍋暁斎

河鍋暁斎

河鍋 暁斎(かわなべ きょうさい)は、幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師、日本画家。号は「ぎょうさい」とは読まず「きょうさい」と読む。それ以前の「狂斎」の号の「狂」を「暁」に改めたものである。 下総国古河石町で河鍋記右 …

土佐 光起

土佐光起

土佐光起(とさ みつおき、1617年(元和3年)-1691年(元禄4年))は、江戸時代前期の土佐派を代表する絵師。光長・光信と併せて土佐三筆と称される。和泉堺生まれ。土佐光則の子。本姓は藤原、幼名は藤満丸。子に土佐光成、 …