「白隠慧鶴」の買取なら
古美術永澤にお任せください

白隠慧鶴

骨董品買取 古美術永澤では、禅僧「白隠慧鶴」の作品を買取強化中です。
白隠慧鶴作品のご売却をお考えでしたら骨董・古美術専門の鑑定士が在籍する「古美術永澤」にご相談ください。

白隠慧鶴の代表的な作品
「達磨図」「大燈国師像」「南無地獄大菩薩」

作家情報

白隠慧鶴(はくいん えかく)

禅僧 妙心寺第一座

生没: 1686年 - 1769年

白隠慧鶴は江戸時代中期の臨済宗妙心寺派の僧。
白隠は広く民衆への布教に務め、その過程で禅の教えを表した絵を数多く描いている。その総数は定かではないが、1万点かそれ以上とも言われる。

晩年には地獄と極楽は表裏一体のものであるという考えに至り、地獄と極楽を同じ画面に描いた「地獄極楽変相図」や「南無地獄大菩薩」を揮毫した掛軸を多く遺している。

絵の製作年がわかる最も早い作は享保4年、白隠33歳の作「達磨図」である。豊橋市正宗寺にある「達磨図」は縦2メートル以上の大作で65歳の時に制作された。代表作の一つ「大燈国師像」(永青文庫蔵)では、紙面には下書きや描き直しの跡が残り、拙によって巧を超えていった。書家の石川九楊は、白隠の墨蹟について「書法の失調」を捉え、「『書でなくなることによって書である』という逆説によって成り立っている書ならざる書」と評している。

【代表的なコレクター】
白隠作品のコレクターでは細川護立と山本発次郎が有名である。細川家16代当主護立のコレクションは護立によって設立された永青文庫に収められている。大阪の実業家だった山本発次郎のコレクションは、大阪近代美術館に寄贈された。

【生涯】
駿河国駿東郡原(現在の静岡県沼津市)の商家・長澤家に生まれる。父は東海道に面した場所で旅籠兼運送業を営んでいた。幼くして出家を志し、15歳の時、原の松陰寺単嶺祖伝について得度し、「慧鶴」と名付けられる。沼津大聖寺息道、大垣瑞雲寺馬翁、松山正宗寺逸伝、高田英巌寺性徹の門に歴参を重ねた。性徹のもとにあっては、大悟し得たことを自負するものがあったが、飯山の正受老人道鏡慧端に見えて、穴蔵(あなぐら)禅法とその悟道底を痛く弾呵され、心機一転してひたすら修行に励み、ついにその法を嗣いだ。

その後も悟後の修行につとめ、諸方の宗師を歴訪し、あるいは山中に菴居をなした。山城白河の白幽仙人にみえては神丹を練る真法を学んだという。享保2年33歳の時、松陰寺に住み、翌3年11月、位を妙心寺第一座に転じ、「白隠」と号した。この際に法系を明らかにしなくてはならなかったことから、法兄の透鱗の法嗣となった。松陰寺の山号を鵠林山と号したことから、みずからを鵠林とも称した。この松陰寺に住んだことを契機に、各地の招請に応じ精力的に経典祖録の講を開き、正法の挙揚につとめた。

その身に体得した該博なる学識と、切なる護法の念とはその講席に連なるものに説得力をもって、禅界改新の意義の重大性を促すものがあった。無字の公案、隻手音声(せきしゅおんしょう)の公案をもって学人を厳しく接化したことは有名である。

宝暦8年三島に龍澤寺を開いてその始祖となり、晩年は同寺と松陰寺の間を往還した。入寂後分骨され、原の松蔭寺、三島の龍澤寺、旧神興山無量尋壽禅寺に埋葬される。

【本名・落款】
号は白隠。諡に神機独妙禅師、正宗国師。幼名を岩次郎。

白隠慧鶴 略歴

16861月19日(貞享2年12月25日)駿河の原宿で生まれる。
1763静岡県三島の龍澤寺を中興開山。
17691月18日(明和5年12月11日)松陰寺にて寂する。

白隠慧鶴作品 参考買取相場

「白隠慧鶴」の買取参考価格です。
買取相場の参考にご覧下さい。

お売りいただけるアイテムがございましたら、お気軽にご連絡ください。

掛軸専門ならではの
目利き・鑑定で選ばれています

他社で思った買取金額にならなかった方、迷わずご相談下さい!

たくさんの掛け軸を取り扱ってきた弊社だからこそ、
様々な掛け軸の目利きができてギリギリの高い値段がつけられます。

骨董品の年間買取点数10万点、高額掛軸・名品多数買取、作家不明品や中国作家ものも高価買取

ご相談・査定は無料です。
お気軽にご相談ください!!

白隠慧鶴作品 買取実績

全国のお客様より買い取らせていただいた
「白隠慧鶴」作品をご紹介致します。

買取実績一覧を見る

買取強化中の作家

下記の墨跡・書 作家の美術作品を買取強化中です。

墨跡・書作家一覧を見る

買取のご相談出張査定無料
お気軽にお問合せ下さい。

掛軸を専門に扱う弊社だからこそ、
様々な掛け軸の目利きが可能です。
掛け軸を高く売るなら古美術買取店「永澤」へ

フリーダイヤル 0120-08-5108 受付時間 8時30分~17時30分(月~土、祝日も営業)

  • 無料LINE査定、画像を送って待つだけ
  • メールでのご相談、メールでのお問合せ・ご依頼

買取強化中の掛け軸

掛軸専門ならではの目利き
幅広いジャンルの掛け軸を買い取ります。

掛軸の買取品目を見る

こんな掛け軸もご相談下さい! 作家不明や中国作家も得意としております

  • 昔からあった掛け軸で、落款があるが作家はわからない
  • ずっと仕舞ったままだったので、破損しそうで開いてみるのが怖い
  • 祖父が高価な掛け軸だと言っていたが、本当に価値があるのか知りたい
  • 古くてシワも変色もある掛け軸が数本あるが、売れるものなのかわからない
  • 表装していない「まくり」の状態の作品がたくさんある
  • 箱が開けられない掛け軸がある
  • 近所の店に見せたが買い取れないと言われた
  • 数があるが、どれも箱と中身の掛け軸が合っていない気がする

掛軸買取で永澤が
選ばれる理由

古美術買取店「永澤」は古美術買取25年
年間買取50万点の骨董美術商です。

高額掛軸の扱い数が違う

高額名品と呼べる本物の掛け軸の取扱い数が違います。
由来のある掛け軸は、美術商である「永澤」にお売りください。

目利きに絶対の自信

創業当時から専門で買取りしてきたからこそ、掛軸の目利きには絶対の自信があります。
他の骨董買取業者で値段が付かなかった掛け軸もお気軽にお見せ下さい。

代表がコレクター

代表は古美術商であると同時にコレクターです。
だから収集された方のお品への思い・手放す際のお気持ちがわかります。掛け軸の価値を十分にご説明して納得いただける買取を行います。

永澤が選ばれる理由

掛け軸 買取の流れ

出張・持込み鑑定会・宅配
選べる3つの買取方法

  • 出張買取
  • 持込鑑定会
  • 宅配買取

日本全国出張致します

  1. 1、お問合せ・お申込み

    お問合せ・お申込み

    お電話メール、またはLINEでお申込み下さい。ご都合にあわせた訪問日時を決定します。

  2. 2、ご訪問・査定

    ご訪問・査定

    お約束の日時に目利きがご訪問。お客様の目の前で拝見・査定させていただきます。

  3. 3、成約・お支払い

    成約・お支払い

    査定金額にご納得いただけた場合、その場で現金にて買取いたします。

出張買取の流れを見る

弊社代表がお品物を拝見して査定致します

  1. 1、お申込み

    お申込み

    鑑定会は月2回、土曜日に開催しています。お電話、又はご予約フォームでお申込み下さい。

  2. 2、ご予約完了

    ご予約完了

    ご売却をお考えのお品やご相談内容を、わかる範囲でお教えください。

  3. 3、査定・お買取り

    査定・お買取り

    弊社代表が拝見します。査定にご納得頂けましたら、現金でお買取りいたします。
    古美術永澤 店舗持ち込み鑑定会
    〒161-0033 東京都新宿区下落合3-21-1NKフジビル9F

店頭持込鑑定会の流れを見る

着払いで品物を送るだけ自宅にいながら買取。日本全国に着払い対応!

  1. 1、お申込み

    お申込み

    お電話メールでお申込み下さい。オペレーターに掛軸の由来や数量などお教え下さい。

  2. 2、お品物の発送

    お品物の発送

    お品物をしっかり梱包してください。ワレモノ扱い・送料着払いにてお送りください。日本全国対応!

  3. 3、査定・お振込み

    査定・お振込み

    現物を拝見し、査定金額をお伝えします。成約後、約3営業日以内にご指定の口座に振込みいたします。

宅配買取の流れを見る

買取のご相談
出張査定無料
お気軽にお問合せ下さい。

掛軸を専門に扱う弊社だからこそ、
様々な掛け軸の目利きが可能です。
掛け軸を高く売るなら古美術買取店「永澤」へ

フリーダイヤル 0120-08-5108 受付時間 8時30分~17時30分(月~土、祝日も営業)

  • 無料LINE査定、画像を送って待つだけ
  • メールでのご相談、メールでのお問合せ・ご依頼